メールがもっと便利で楽しくなる!
メール > メールサービス > メールウイルスチェックプラス > サービスの特長(メールウイルスチェック)
メールウイルスチェック

サービスの特長

株式会社シマンテックが提供する、ウイルススキャン機能によって、お客様が送受信したメールに添付されたファイルに対してウイルスチェックを行います。

難しい設定は必要ありません!

本サービスはBIGLOBEのメールサーバでウイルスチェックを行うため、お客様のパソコンへの設定やソフトウェアのインストールは全く必要ありません。

左の「購入する」ボタンから購入手続きを完了すると、購入完了のお知らせメールをBIGLOBEよりお送りします。これでお客様の送受信するメールはウイルスチェック開始されます。定義ファイルの更新などはBIGLOBEで全て行います。お客様が必要な作業は全くありません。

一般的なウイルスチェックソフトとの違い

本サービスはメールサーバでメールのウイルスチェックを行うため、パソコンでソフトウェアを利用する場合と比べて、以下のメリットがあります。

  • ウイルス定義ファイルの更新が不要BIGLOBEは毎日ウイルス情報を更新しており、最新の定義ファイルでチェックを行います。特に危険度が高い新種のウイルスが発見された場合、BIGLOBEでは早急にウイルス情報を更新できる体制になってます。
  • メールを受信するクライアントを選びません例えば会社のパソコンでも家のパソコンでもウイルスチェック済みのメールを受信できます。
  • 他のソフトの動作に影響がありませんメールのウイルスチェックはサーバ上で行いますので、パソコンに負荷はかかりません。(他のアプリケーションの動作が遅くなることがありません。)
  • BIGLOBEのメールBOXに入る前にウイルスチェックを行いますサーバ上でウイルス検知、駆除します。

サポートするファイル形式

以下の形式のファイルに対してウイルスチェックを行います。

圧縮していないファイル 全てのファイルがウイルスチェックされます。ただし、Machintoshファイルは対象外です。
(Windows/Machintosh共通ファイルはスキャンされます)
圧縮ファイル 以下の圧縮ファイル形式がウイルスチェックされます。
LHA/LZH*、ZIP、UUIEncode、AMG*、GZIP、MIME、OLE Structured Strage、RTF、TAR(但し、10段階の圧縮まで)

ウイルス検出時の動作

送受信メールにウイルスが検出された際のメール処理の動作が、選択いただけます。

こちらから設定を確認、変更することができます。

<受信メールにウイルスが検出された場合の動作>
ウイルスが検出された受信メール ウイルスが検出された旨のお知らせメール
1 受信しない 届く(※1)
2 受信しない 届かない(※2)
3 ウイルスを駆除して受信する
(駆除できない場合は、感染したファイルを削除して受信する)
届かない(※3)
※1
"badtrans(バッドトランス)ウイルス"を検出した場合は、ウイルスに感染していた旨のお知らせメールに記述されている添付ファイルの名前は、元メールの内容に関わらず、「rcp*********」という任意の名前に置き換わります。
  (拡張子はつきません。*部分はランダムな英数字。)
※2
本設定を利用すると、ウイルスメールを受信したことが全くわからなくなります。
また、ウイルスが検出された受信メールやウイルスが検出された旨のお知らせメールを再度受信することはできません。
※3
ウイルスが検出され、削除(ウイルスを駆除できない場合)されたファイルは「DELETED#.TXT」というファイル名に置き換えられて受信者に届きます。ファイルには削除された元のファイル名と、ウイルスが検出されたため削除した旨が記述されます。(#は0〜255までの数字が入ります。)
 DELETED#.TXTの中身(イメージ)
  ───────────────────────────────────
  ウイルス検出のお知らせ
  「メールウイルスチェックプラス」 http://email.biglobe.ne.jp/vcheck/
  ───────────────────────────────────
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  お客様宛のメールにウイルスがみつかりました。
  ウイルスが検出された添付ファイルを削除しました。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ●検出されたウイルス
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  ウイルス名: <検出ウイルス名>
  添付ファイル名: <添付ファイル名>
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ウイルスによっては、本設定にしている場合でも、対象メールは受信しません。
かわりに、ウイルスに感染していた旨のお知らせメールをBIGLOBEより送信いたします。
このようなウイルスは、主にウイルス名の接尾語が「.enc」「!enc」にて検知するものになり、W32.Netsky.P@mm!enc、W32.Netsky.Q@mm.enc、W32.Netsky.D@mm!enc、W32.Sober.I@mm!encなどがあります。
※1、2、3共通
ウイルスメールを受信したとしても、送信者にメールは戻りません。
また、エラーメールの配信もしません。
<送信メールにウイルスが検出された場合の動作>
ウイルスが検出された送信メール ウイルスが検出された旨のお知らせメール
1 送信しない 届く(※1)
2 ウイルスを駆除して送信する(駆除できない場合は、送信しない) 届く(※1)
※1
"badtrans(バッドトランス)ウイルス"を検出した場合は、ウイルスに感染していた旨のお知らせメールに記述されている添付ファイルの名前は、元メールの内容に関わらず、「vcm*********」という任意の名前に置き換わります。(拡張子はつきません。*部分はランダムな英数字)

メールを自動転送している場合は…

メールを自動転送設定していても、ウイルスチェックを行ってからメールを転送しますので、転送先での受信も安心です。(メール転送サービスとの組み合わせがオススメ!)